Browse Source

Japanese manpages & program translation update

Committer-Notes:
Complete files pulled from website as patches tend to be hard to work
with in this context. Last-Translator not updated as wished. po-files
refreshed.

Mailingslist-Thread: <20170106014830.f843cd8b89243a8e57c4062c@gmail.com>
tags/devuan/2.0.1+devuan1
victory David Kalnischkies 3 years ago
parent
commit
1c7e67fe4d
2 changed files with 70 additions and 361 deletions
  1. +32
    -20
      doc/po/ja.po
  2. +38
    -341
      po/ja.po

+ 32
- 20
doc/po/ja.po View File

@@ -1,5 +1,5 @@
# Translation of apt package man pages
# Copyright (C) 2003-2016 Debian Japanese List <debian-japanese@lists.debian.org>
# Copyright (C) 2003-2017 Debian Japanese List <debian-japanese@lists.debian.org>
# This file is distributed under the same license as the apt package.
#
# Translators:
@@ -8,10 +8,10 @@
#
msgid ""
msgstr ""
"Project-Id-Version: apt-doc 1.3\n"
"Project-Id-Version: apt-doc 1.4\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: APT Development Team <deity@lists.debian.org>\n"
"POT-Creation-Date: 2017-01-17 15:18+0100\n"
"PO-Revision-Date: 2016-09-03 03:30+0900\n"
"POT-Creation-Date: 2017-01-27 22:00+0100\n"
"PO-Revision-Date: 2017-01-06 04:50+0900\n"
"Last-Translator: Takuma Yamada <tyamada@takumayamada.com>\n"
"Language-Team: Japanese <debian-japanese@lists.debian.org>\n"
"Language: ja\n"
@@ -1907,15 +1907,11 @@ msgstr ""

#. type: Content of: <refentry><refsect1><variablelist><varlistentry><listitem><para>
#: apt-get.8.xml
#, fuzzy
#| msgid ""
#| "Only process architecture-dependent build-dependencies. Configuration "
#| "Item: <literal>APT::Get::Arch-Only</literal>."
msgid ""
"Only process architecture-independent build-dependencies. Configuration "
"Item: <literal>APT::Get::Indep-Only</literal>."
msgstr ""
"構築依存関係の解決を、アーキテクチャに依存しもののみ行います。設定項目: "
"構築依存関係の解決を、アーキテクチャに依存しないもののみ行います。設定項目: "
"<literal>APT::Get::Arch-Only</literal>"

#. type: Content of: <refentry><refsect1><variablelist><varlistentry><listitem><para>
@@ -2679,7 +2675,7 @@ msgstr ""
#. type: Content of: <refentry><refsect1><title>
#: apt-key.8.xml
msgid "Supported keyring files"
msgstr ""
msgstr "サポートするキーリングファイル"

#. type: Content of: <refentry><refsect1><para>
#: apt-key.8.xml
@@ -2690,6 +2686,12 @@ msgid ""
"keyring files. Binary keyring files intended to be used with any apt version "
"should therefore always be created with <command>gpg --export</command>."
msgstr ""
"apt-key では拡張子「<literal>gpg</literal>」の付けられた OpenPGP のバイナリ形"
"式 (いわゆる「GPG キー公開用リング」) を収録するファイルだけをサポートしま"
"す。&gpg; のもっと新しいバージョンで導入されてキーリングファイルのデフォルト"
"となっているキーボックスのデータベース形式はサポートしません。そのため、バー"
"ジョンを問わず apt で利用するためのバイナリキーリングファイルの作成には常に "
"<command>gpg --export</command> を使ってください。"

#. type: Content of: <refentry><refsect1><para>
#: apt-key.8.xml
@@ -2699,6 +2701,10 @@ msgid ""
"with the \"<literal>asc</literal>\" extension instead which can be created "
"with <command>gpg --armor --export</command>."
msgstr ""
"また、作成したキーリングを利用するシステムにインストールされている apt のバー"
"ジョンが全て 1.4 以降であれば、<command>gpg --armor --export</command> で作成"
"する、拡張子に「<literal>asc</literal>」を付けられた保護付きアスキー形式を代"
"わりに使うこともできます。 "

#. type: Content of: <refentry><refsect1><title>
#: apt-key.8.xml
@@ -2729,22 +2735,17 @@ msgstr ""

#. type: Content of: <refentry><refsect1><variablelist><varlistentry><listitem><para>
#: apt-key.8.xml
#, fuzzy
#| msgid ""
#| "Instead of using this command a keyring can be placed directly in the "
#| "<filename>/etc/apt/trusted.gpg.d/</filename> directory with a descriptive "
#| "name (same rules for filename apply as for &apt-conf; files) and "
#| "\"<literal>gpg</literal>\" as file extension."
msgid ""
"<emphasis>Note</emphasis>: Instead of using this command a keyring should be "
"placed directly in the <filename>/etc/apt/trusted.gpg.d/</filename> "
"directory with a descriptive name and either \"<literal>gpg</literal>\" or "
"\"<literal>asc</literal>\" as file extension."
msgstr ""
"このコマンドを使う代わりに、キーリングに記述的な名前 (ファイル名については "
"&apt-conf; ファイルと同一の規則が適用されます) を付け、ファイルの拡張子を"
"「<literal>gpg</literal>」として <filename>/etc/apt/trusted.gpg.d/</"
"filename> ディレクトリに直接配置する方法もあります。"
"<emphasis>注意</emphasis>: このコマンドを使う代わりに、キーリングに記述的な名"
"前 (ファイル名については &apt-conf; ファイルと同一の規則が適用されます) を付"
"けて、ファイルの拡張子を「<literal>gpg</literal>」または「<literal>asc</"
"literal>」として <filename>/etc/apt/trusted.gpg.d/</filename> ディレクトリに"
"直接配置する方法もあります。"

#. type: Content of: <refentry><refsect1><variablelist><varlistentry><listitem><para>
#: apt-key.8.xml
@@ -2768,6 +2769,13 @@ msgstr "信頼キーとそのフィンガープリントを一覧表示します

#. type: Content of: <refentry><refsect1><variablelist><varlistentry><listitem><para>
#: apt-key.8.xml
#, fuzzy
#| msgid ""
#| "Pass advanced options to gpg. With <command>adv --recv-key</command> you "
#| "can e.g. download key from keyservers directly into the the trusted set "
#| "of keys. Note that there are <emphasis>no</emphasis> checks performed, so "
#| "it is easy to completely undermine the &apt-secure; infrastructure if "
#| "used without care."
msgid ""
"Pass advanced options to gpg. With <command>adv --recv-key</command> you can "
"e.g. download key from keyservers directly into the trusted set of keys. "
@@ -9290,6 +9298,10 @@ msgstr "バージョン &apt-product-version;"

#. type: Content of: <book><bookinfo><abstract><para>
#: guide.dbk
#, fuzzy
#| msgid ""
#| "This document provides an overview of how to use the the APT package "
#| "manager."
msgid ""
"This document provides an overview of how to use the APT package manager."
msgstr "本文書は APT パッケージマネージャの使い方の概要を提供します。"


+ 38
- 341
po/ja.po View File

@@ -1,4 +1,4 @@
# Japanese mesasges for apt.
# Japanese messages for apt.
# Copyright (C) 2001 Free Software Foundation, Inc.
# Project Vine, Daisuke SUZUKI <daisuke@linux.or.jp>, 2001-2002
# Debian Project, Masato Taruishi <taru@debian.org>, 2002
@@ -8,10 +8,10 @@
#
msgid ""
msgstr ""
"Project-Id-Version: apt 1.0.9.3\n"
"Project-Id-Version: apt 1.4\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: APT Development Team <deity@lists.debian.org>\n"
"POT-Creation-Date: 2017-01-05 20:50+0100\n"
"PO-Revision-Date: 2016-05-18 15:31+0900\n"
"POT-Creation-Date: 2017-01-27 21:41+0100\n"
"PO-Revision-Date: 2017-01-06 04:50+0900\n"
"Last-Translator: Takuma Yamada <tyamada@takumayamada.com>\n"
"Language-Team: Japanese <debian-japanese@lists.debian.org>\n"
"Language: ja\n"
@@ -222,9 +222,9 @@ msgid "The repository '%s' is no longer signed."
msgstr "リポジトリ %s はもう署名されていません。"

#: apt-pkg/acquire-item.cc
#, fuzzy, c-format
#, c-format
msgid "The repository '%s' does no longer have a Release file."
msgstr "リポジトリ %s には Release ファイルがありません。"
msgstr "リポジトリ %s には Release ファイルがなくなっています。"

#: apt-pkg/acquire-item.cc
msgid ""
@@ -245,11 +245,9 @@ msgid "The repository '%s' does not have a Release file."
msgstr "リポジトリ %s には Release ファイルがありません。"

#: apt-pkg/acquire-item.cc
#, fuzzy, c-format
#, c-format
msgid "The repository '%s' provides only weak security information."
msgstr ""
"リポジトリ '%2$s' は弱いセキュリティ情報のみを提供しているため、設定ファイル "
"'%1$s' の取得をスキップします"
msgstr "リポジトリ '%s' は弱いセキュリティ情報しか提供していません。"

#: apt-pkg/acquire-item.cc ftparchive/writer.cc
#, c-format
@@ -262,7 +260,7 @@ msgstr "ハッシュサムが適合しません"

#: apt-pkg/acquire-item.cc
msgid "Insufficient information available to perform this download securely"
msgstr ""
msgstr "このダウンロードを安全に実施するのに十分な情報が得られません。"

#: apt-pkg/acquire-item.cc apt-pkg/contrib/fileutl.cc
#, c-format
@@ -383,12 +381,13 @@ msgstr "%s=%s のため変更履歴が利用できません"
#: apt-pkg/acquire-worker.cc
#, c-format
msgid "The method '%s' is explicitly disabled via configuration."
msgstr ""
msgstr "メソッド '%s' は設定によりはっきりと無効にされています。"

#: apt-pkg/acquire-worker.cc methods/connect.cc
#, c-format
msgid "If you meant to use Tor remember to use %s instead of %s."
msgstr ""
"Tor を利用する場合には %2$s ではなく %1$s を使うことを覚えておいてください。"

#: apt-pkg/acquire-worker.cc
#, c-format
@@ -434,16 +433,13 @@ msgid "No sandbox user '%s' on the system, can not drop privileges"
msgstr "システムにサンドボックスユーザ '%s' がありません。権限を削除できません"

#: apt-pkg/acquire.cc
#, fuzzy, c-format
#| msgid ""
#| "Can't drop privileges for downloading as file '%s' couldn't be accessed "
#| "by user '%s'."
#, c-format
msgid ""
"Download is performed unsandboxed as root as file '%s' couldn't be accessed "
"by user '%s'."
msgstr ""
"ダウンロード権限を削除できません。ファイル '%s' がユーザ '%s' からアクセスで"
"きません。"
"ファイル '%s' がユーザ '%s' からアクセスできないため、ダウンロードは root で"
"サンドボックスを通さずに行われます。"

#: apt-pkg/acquire.cc apt-pkg/clean.cc
#, c-format
@@ -1084,9 +1080,10 @@ msgstr ""
"ソース %2$s %3$s (%4$s) に関してオプション %1$s に設定された値が無効です"

#: apt-pkg/deb/debmetaindex.cc
#, fuzzy, c-format
#, c-format
msgid "Conflicting values set for option %s regarding source %s %s: %s != %s"
msgstr "ソース %2$s %3$s に関してオプション %1$s の値が競合します"
msgstr ""
"ソース %2$s %3$s に関してオプション %1$s の値が競合します: %4$s != %5$s"

#: apt-pkg/deb/debrecords.cc apt-pkg/tagfile.cc
#, c-format
@@ -1312,24 +1309,20 @@ msgid "Execute external solver"
msgstr "外部ソルバを実行"

#: apt-pkg/edsp.cc
#, fuzzy
msgid "Execute external planner"
msgstr "外部ソルバを実行"
msgstr "外部プランナーを実行"

#: apt-pkg/edsp.cc
#, fuzzy
msgid "Send request to planner"
msgstr "ソルバにリクエストを送信"
msgstr "プランナーにリクエストを送信"

#: apt-pkg/edsp.cc
#, fuzzy
msgid "Send scenario to planner"
msgstr "ソルバにシナリオを送信"
msgstr "プランナーにシナリオを送信"

#: apt-pkg/edsp.cc
#, fuzzy
msgid "External planner failed without a proper error message"
msgstr "外部ソルバが適切なエラーメッセージなしに失敗しました"
msgstr "外部プランナーが適切なエラーメッセージなしに失敗しました"

#: apt-pkg/indexcopy.cc
#, c-format
@@ -1893,6 +1886,14 @@ msgstr "以下の情報がこの問題を解決するために役立つかもし
msgid "Broken packages"
msgstr "壊れたパッケージ"

#: apt-private/private-install.cc
msgid ""
"Unable to fetch some archives, maybe run apt-get update or try with --fix-"
"missing?"
msgstr ""
"いくつかのアーカイブを取得できません。apt-get update を実行するか --fix-"
"missing オプションを付けて試してみてください。"

#: apt-private/private-install.cc
msgid "Internal error, InstallPackages was called with broken packages!"
msgstr "内部エラー、InstallPackages が壊れたパッケージで呼び出されました!"
@@ -1997,14 +1998,6 @@ msgstr "いくつかのファイルの取得に失敗しました"
msgid "Download complete and in download only mode"
msgstr "ダウンロードオンリーモードでパッケージのダウンロードが完了しました"

#: apt-private/private-install.cc
msgid ""
"Unable to fetch some archives, maybe run apt-get update or try with --fix-"
"missing?"
msgstr ""
"いくつかのアーカイブを取得できません。apt-get update を実行するか --fix-"
"missing オプションを付けて試してみてください。"

#: apt-private/private-install.cc
msgid "--fix-missing and media swapping is not currently supported"
msgstr "--fix-missing とメディア交換は現在同時にはサポートされていません"
@@ -2745,6 +2738,10 @@ msgid ""
"apt-dump-solver is an interface to store an EDSP scenario in\n"
"a file and optionally forwards it to another solver.\n"
msgstr ""
"使用方法: apt-dump-solver\n"
"\n"
"apt-dump-solver は EDSP シナリオをファイルに残し、\n"
"オプションで別のソルバに転送するインターフェイスです。\n"

#: cmdline/apt-extracttemplates.cc
msgid ""
@@ -2923,7 +2920,6 @@ msgid "detect proxy using apt.conf"
msgstr "apt.conf を使ってプロキシを検出する"

#: cmdline/apt-internal-planner.cc
#, fuzzy
msgid ""
"Usage: apt-internal-planner\n"
"\n"
@@ -2933,8 +2929,8 @@ msgid ""
msgstr ""
"使用方法: apt-internal-solver\n"
"\n"
"apt-internal-solver は、デバッグなどの用途で、現在の内部リゾルバを\n"
"APT ファミリの外部リゾルバのように使うためのインターフェイスです。\n"
"apt-internal-planner は、デバッグなどの用途で、現在の内部プランナーを\n"
"APT ファミリの外部プランナーのように使うためのインターフェイスです。\n"

#: cmdline/apt-internal-solver.cc
msgid ""
@@ -3531,7 +3527,7 @@ msgstr "ファイルが見つかりません"
#: methods/connect.cc
#, c-format
msgid "Direct connection to %s domains is blocked by default."
msgstr ""
msgstr "%s ドメインへの直接の接続はデフォルトでブロックされています。"

#: methods/connect.cc methods/http.cc
#, c-format
@@ -3748,12 +3744,11 @@ msgstr "呼び出せません"

#. TRANSLATORS: %s is a single techy word like 'NODATA'
#: methods/gpgv.cc
#, fuzzy, c-format
#, c-format
msgid ""
"Signed file isn't valid, got '%s' (does the network require authentication?)"
msgstr ""
"クリアサインされたファイルが有効ではなく、'%s' を得ました (認証にネットワーク"
"が必要?)"
"署名されたファイルが有効ではなく、'%s' を得ました (ネットワークに認証が必要?)"

#: methods/gpgv.cc
msgid "At least one invalid signature was encountered."
@@ -3853,301 +3848,3 @@ msgstr "途中で接続がクローズされました"
#: methods/store.cc
msgid "Empty files can't be valid archives"
msgstr "空のファイルは有効なアーカイブと認められません"

#~ msgid "Unmet dependencies. Try using --fix-broken."
#~ msgstr ""
#~ "未解決の依存関係があります。--fix-broken オプションを試してください。"

#~ msgid "You might want to run 'apt --fix-broken install' to correct these:"
#~ msgstr ""
#~ "以下の問題を解決するために 'apt --fix-broken install' を実行する必要がある"
#~ "かもしれません:"

#~ msgid "Failed to fetch %s %s\n"
#~ msgstr "%s の取得に失敗しました %s\n"

#~ msgid "(not found)"
#~ msgstr "(見つかりません)"

#~ msgid " Package pin: "
#~ msgstr " パッケージ Pin: "

#~ msgid "Invalid 'Valid-Until' entry in Release file %s"
#~ msgstr "Release ファイル %s に無効な 'Valid-Until' エントリがあります"

#~ msgid "There is no public key available for the following key IDs:\n"
#~ msgstr "以下の鍵 ID に対して利用可能な公開鍵がありません:\n"

#, fuzzy
#~ msgid "The repository is insufficiently signed by key %s (%s)"
#~ msgstr "ディレクトリ %s は divert されています"

#~ msgid ""
#~ "%s dependency for %s can't be satisfied because %s is not allowed on '%s' "
#~ "packages"
#~ msgstr ""
#~ "パッケージ %3$s が '%4$s' パッケージで許されていないため、%2$s に対する "
#~ "%1$s の依存関係を満たすことができません"

#~ msgid ""
#~ "%s dependency for %s cannot be satisfied because the package %s cannot be "
#~ "found"
#~ msgstr ""
#~ "パッケージ %3$s が見つからないため、%2$s に対する %1$s の依存関係を満たす"
#~ "ことができません"

#~ msgid ""
#~ "Failed to satisfy %s dependency for %s: Installed package %s is too new"
#~ msgstr ""
#~ "%2$s の依存関係 %1$s を満たすことができません: インストールされた %3$s "
#~ "パッケージは新しすぎます"

#~ msgid ""
#~ "%s dependency for %s cannot be satisfied because candidate version of "
#~ "package %s can't satisfy version requirements"
#~ msgstr ""
#~ "パッケージ %3$s の候補バージョンはバージョンについての要求を満たせないた"
#~ "め、%2$s に対する %1$s の依存関係を満たすことができません"

#~ msgid ""
#~ "%s dependency for %s cannot be satisfied because package %s has no "
#~ "candidate version"
#~ msgstr ""
#~ "パッケージ %3$s の候補バージョンが存在しないため、%2$s に対する %1$s の依"
#~ "存関係を満たすことができません"

#~ msgid "Failed to satisfy %s dependency for %s: %s"
#~ msgstr "%2$s の依存関係 %1$s を満たすことができません: %3$s"

#~ msgid "Build-dependencies for %s could not be satisfied."
#~ msgstr "%s のビルド依存関係を満たすことができませんでした。"

#~ msgid "Problem unlinking %s"
#~ msgstr "%s のリンク解除で問題が発生しました"

#~ msgid "Failed to unlink %s"
#~ msgstr "%s のリンク解除に失敗しました"

#~ msgid ""
#~ "Usage: apt-cache [options] command\n"
#~ " apt-cache [options] show pkg1 [pkg2 ...]\n"
#~ "\n"
#~ "apt-cache is a low-level tool used to query information\n"
#~ "from APT's binary cache files\n"
#~ msgstr ""
#~ "使用方法: apt-cache [オプション] コマンド\n"
#~ " apt-cache [オプション] show pkg1 [pkg2 ...]\n"
#~ "\n"
#~ "apt-cache は APT のバイナリキャッシュファイルを操作したり、そこから情\n"
#~ "報を検索したりするための低レベルのツールです\n"

#~ msgid "Commands:"
#~ msgstr "コマンド:"

#~ msgid ""
#~ "Options:\n"
#~ " -h This help text.\n"
#~ " -p=? The package cache.\n"
#~ " -s=? The source cache.\n"
#~ " -q Disable progress indicator.\n"
#~ " -i Show only important deps for the unmet command.\n"
#~ " -c=? Read this configuration file\n"
#~ " -o=? Set an arbitrary configuration option, eg -o dir::cache=/tmp\n"
#~ "See the apt-cache(8) and apt.conf(5) manual pages for more information.\n"
#~ msgstr ""
#~ "オプション:\n"
#~ " -h このヘルプを表示する\n"
#~ " -p=? パッケージキャッシュ\n"
#~ " -s=? ソースキャッシュ\n"
#~ " -q プログレス表示をしない\n"
#~ " -i umnet コマンドで重要な依存情報のみを表示する\n"
#~ " -c=? 指定した設定ファイルを読み込む\n"
#~ " -o=? 指定した設定オプションを読み込む (例: -o dir::cache=/tmp)\n"
#~ "詳細は、apt-cache(8) や apt.conf(5) のマニュアルページを参照してくださ"
#~ "い。\n"

#~ msgid ""
#~ "Usage: apt [options] command\n"
#~ "\n"
#~ "CLI for apt.\n"
#~ msgstr ""
#~ "使用法: apt [オプション] コマンド\n"
#~ "\n"
#~ "apt 用コマンドラインインターフェイス\n"

#, fuzzy
#~ msgid ""
#~ "Options:\n"
#~ " -h This help text\n"
#~ " -d CD-ROM mount point\n"
#~ " -r Rename a recognized CD-ROM\n"
#~ " -m No mounting\n"
#~ " -f Fast mode, don't check package files\n"
#~ " -a Thorough scan mode\n"
#~ " --no-auto-detect Do not try to auto detect drive and mount point\n"
#~ " -c=? Read this configuration file\n"
#~ " -o=? Set an arbitrary configuration option, eg -o dir::cache=/tmp\n"
#~ "See fstab(5)\n"
#~ msgstr ""
#~ "オプション:\n"
#~ " -h このヘルプを表示する\n"
#~ " -q ログファイルに出力可能な形式にする - プログレス表示をしない\n"
#~ " -qq エラー以外は表示しない\n"
#~ " -s 実際には実行しない。実行シミュレーションのみ行う\n"
#~ " -f 指定のファイルを使って自動/手動のマーキングを読み書きする\n"
#~ " -c=? 指定した設定ファイルを読み込む\n"
#~ " -o=? 任意の設定オプションを指定する (例 -o dir::cache=/tmp)\n"
#~ "さらなる情報については、マニュアルページ apt-mark(8) および apt.conf(5) を"
#~ "参照してください。"

#~ msgid ""
#~ "Options:\n"
#~ " -h This help text.\n"
#~ " -c=? Read this configuration file\n"
#~ " -o=? Set an arbitrary configuration option, eg -o dir::cache=/tmp\n"
#~ msgstr ""
#~ "オプション:\n"
#~ " -h このヘルプを表示する\n"
#~ " -c=? 指定した設定ファイルを読み込む\n"
#~ " -o=? 指定した設定オプションを適用する (例: -o dir::cache=/tmp)\n"

#~ msgid ""
#~ "Options:\n"
#~ " -h This help text.\n"
#~ " -q Loggable output - no progress indicator\n"
#~ " -qq No output except for errors\n"
#~ " -s No-act. Just prints what would be done.\n"
#~ " -f read/write auto/manual marking in the given file\n"
#~ " -c=? Read this configuration file\n"
#~ " -o=? Set an arbitrary configuration option, eg -o dir::cache=/tmp\n"
#~ "See the apt-mark(8) and apt.conf(5) manual pages for more information."
#~ msgstr ""
#~ "オプション:\n"
#~ " -h このヘルプを表示する\n"
#~ " -q ログファイルに出力可能な形式にする - プログレス表示をしない\n"
#~ " -qq エラー以外は表示しない\n"
#~ " -s 実際には実行しない。実行シミュレーションのみ行う\n"
#~ " -f 指定のファイルを使って自動/手動のマーキングを読み書きする\n"
#~ " -c=? 指定した設定ファイルを読み込む\n"
#~ " -o=? 任意の設定オプションを指定する (例 -o dir::cache=/tmp)\n"
#~ "さらなる情報については、マニュアルページ apt-mark(8) および apt.conf(5) を"
#~ "参照してください。"

#~ msgid ""
#~ "Usage: apt-sortpkgs [options] file1 [file2 ...]\n"
#~ "\n"
#~ "apt-sortpkgs is a simple tool to sort package files. The -s option is "
#~ "used\n"
#~ "to indicate what kind of file it is.\n"
#~ "\n"
#~ "Options:\n"
#~ " -h This help text\n"
#~ " -s Use source file sorting\n"
#~ " -c=? Read this configuration file\n"
#~ " -o=? Set an arbitrary configuration option, eg -o dir::cache=/tmp\n"
#~ msgstr ""
#~ "使用方法: apt-sortpkgs [オプション] ファイル名1 [ファイル名2 ...]\n"
#~ "\n"
#~ "apt-sortpkgs はパッケージファイルをソートするための簡単なツールです。\n"
#~ "-s オプションはファイルの種類を示すために使用されます。\n"
#~ "\n"
#~ "オプション:\n"
#~ " -h このヘルプを表示する\n"
#~ " -s ソースファイルソートを使用する\n"
#~ " -c=? 指定した設定ファイルを読み込む\n"
#~ " -o=? 指定した設定オプションを適用する (例: -o dir::cache=/tmp)\n"

#~ msgid "Child process failed"
#~ msgstr "子プロセスが失敗しました"

#, fuzzy
#~ msgid "Must specifc at least one srv record"
#~ msgstr "少なくとも URL / ファイル名を 1 組指定する必要があります"

#~ msgid "Failed to create pipes"
#~ msgstr "パイプの生成に失敗しました"

#~ msgid "Failed to exec gzip "
#~ msgstr "gzip の実行に失敗しました"

#~ msgid "%s %s for %s compiled on %s %s\n"
#~ msgstr "%s %s for %s コンパイル日時: %s %s\n"

#~ msgid "Failed to create FILE*"
#~ msgstr "FILE* の作成に失敗しました"

#~ msgid "Malformed stanza %u in source list %s (URI parse)"
#~ msgstr "ソースリスト %2$s の %1$u 個目の区切りが不正です (URI parse)"

#~ msgid "Malformed line %lu in source list %s ([option] unparseable)"
#~ msgstr ""
#~ "ソースリスト %2$s の %1$lu 行目が不正です ([オプション] を解釈できません)"

#~ msgid "Malformed line %lu in source list %s ([option] too short)"
#~ msgstr ""
#~ "ソースリスト %2$s の %1$lu 行目が不正です ([オプション] が短かすぎます)"

#~ msgid "Malformed line %lu in source list %s ([%s] is not an assignment)"
#~ msgstr ""
#~ "ソースリスト %2$s の %1$lu 行目が不正です ([%3$s] は割り当てられていませ"
#~ "ん)"

#~ msgid "Malformed line %lu in source list %s ([%s] has no key)"
#~ msgstr ""
#~ "ソースリスト %2$s の %1$lu 行目が不正です ([%3$s にキーがありません)"

#~ msgid "Malformed line %lu in source list %s ([%s] key %s has no value)"
#~ msgstr ""
#~ "ソースリスト %2$s の %1$lu 行目が不正です ([%3$s] キー %4$s に値がありませ"
#~ "ん)"

#~ msgid "Malformed line %lu in source list %s (URI)"
#~ msgstr "ソースリスト %2$s の %1$lu 行目が不正です (URI)"

#~ msgid "Malformed line %lu in source list %s (dist)"
#~ msgstr "ソースリスト %2$s の %1$lu 行目が不正です (dist)"

#~ msgid "Malformed line %lu in source list %s (URI parse)"
#~ msgstr "ソースリスト %2$s の %1$lu 行目が不正です (URI parse)"

#~ msgid "Malformed line %lu in source list %s (absolute dist)"
#~ msgstr "ソースリスト %2$s の %1$lu 行目が不正です (absolute dist)"

#~ msgid "Malformed line %lu in source list %s (dist parse)"
#~ msgstr "ソースリスト %2$s の %1$lu 行目が不正です (dist parse)"

#~ msgid "Package %s %s was not found while processing file dependencies"
#~ msgstr "パッケージ %s %s がファイル依存の処理中に見つかりませんでした"

#~ msgid "Couldn't stat source package list %s"
#~ msgstr "ソースパッケージリスト %s の状態を取得できません"

#~ msgid "Collecting File Provides"
#~ msgstr "ファイル提供情報を収集しています"

#~ msgid "Unable to find hash sum for '%s' in Release file"
#~ msgstr "Release ファイル中の '%s' のハッシュサムを見つけられません"

#~ msgid "Vendor block %s contains no fingerprint"
#~ msgstr "ベンダブロック %s は鍵指紋を含んでいません"

#~ msgid "Total dependency version space: "
#~ msgstr "総依存関係・バージョン容量: "

#~ msgid "You don't have enough free space in %s"
#~ msgstr "%s に充分な空きスペースがありません"

#~ msgid "Done"
#~ msgstr "完了"

#~ msgid "No keyring installed in %s."
#~ msgstr "%s にキーリングがインストールされていません。"

#~ msgid "Is stdout a terminal?"
#~ msgstr "標準出力はターミナルですか?"

#~ msgid "ioctl(TIOCGWINSZ) failed"
#~ msgstr "ioctl(TIOCGWINSZ) に失敗しました"

#~ msgid "Internal error, Upgrade broke stuff"
#~ msgstr "内部エラー、アップグレードで何か壊れました"

Loading…
Cancel
Save